服は人の手で作られている。

服は人の手で作られている。

人は毎日服を着ます。

 

お気に入りの服、着心地の良い服、服を選ぶ基準は人それぞれです。

 

その中でもARATASHIからは、特別な服をお届けします。

 

大好きなデザイナーズブランドの服。

纏うことで自分を表現できる服。

ここでしか手に入らない服。

自分を好きになれる服。

心が踊る憧れの服。

一目惚れの服。

 

きっとそれはあなたにとって、大切なものとなる服です。

 

 

ファッションで自分を表現する。

 

毎日を過ごす中で、何を大切に思うか、何を大切にしたいか、その考えも人それぞれで、ファッションが重要でない方もいると思います。

 

ARATASHIでは人の見た目を大きく変えてくれるファッションは、人生においてとても重要なことであり、日々を過ごす中でとても大きな力があると考えています。

 

好きを身に纏い、自分自身をもっと好きになる。

仕事に行く時、お出かけする時、家にいる時、大切な人と会う時、 ファッションで自分を表現することは、自分の好きを認め、自分に自信を持つことへと繋がっていきます。

 

 

ARATASHIがお届けする服は全て国内でお作りします。

 

大切なお客様へお届けする、自分の好きを表現するための服。

 

11着、デザイナーさんの想いから始まりパターンやサンプル、様々な人の手を通し仕上げていきます。

 

その中の「縫製」の部分は合同会社ヴァレイのマイホームアトリエの職人さん達のお仕事です。

 

合同会社ヴァレイ マイホームアトリエとは

https://www.valleymode.com/mh-atelier-info/

縫製は「技術職」です。

職人の手による「技術」で服は作られます。

機械化が進んでも、海外製の服であっても、服を作る場所には人がいて、人の手で作られています。

 

 

縫製職人さんのお仕事について、ARATASHIを運営するヴァレイ代表の谷がnoteに書き記しています。

 

私たちがなぜARATASHIを広めていきたいのか。

 

これは、服を作る作り手の話になります。

服を着る人からしたら、もしかすると関係ないと思うかもしれません。

 

ただ、どんなものでも必ず「作る人」がいます。家も、電子機器も、食べ物も、服も全て。

 

普段から全てを意識して生活するのは難しいです。私も消費者としては「安くて良いもの」が良いと思います。

だけど、どんな背景があるのかを知ることで、選ぶ理由になり、心が動かされ、大切なものを手にすることができると考えています。

 

お時間のある時にぜひ読んでいただけますと幸いです。

 

合同会社ヴァレイ 代表 谷 英希 note

「より健やかな社会であること」

https://note.com/valley_mha/n/neaecc39c0f42